Archive for 8月, 2014

利用しにくい銀行カードローンは?

銀行カードローンは総量規制などの制限を受けないことから、総量規制によって借入が難しくなった人への積極的な貸し付けによって「受け皿」としての意味合いも強く担ってます。しかし銀行によって銀行カードローンの審査基準や利用規約なども違い、それによって利用しやすいものと利用しにくいものがあるのも事実です。「利用しにくい銀行カードローン」とは、どういったものなのでしょうか。


<利用しにくい銀行カードローン例>

「新しい形態の銀行」に分類されているものには、カードローンとしての歴史を持っていないものもあります。そのため急激に契約者を増やした時期に、審査が緩く、そレをカバーするために与信審査に力を入れているというものもあるのです。途上審査とは利用中に見直しを行うものですが、属性が良ければ枠の拡大などが行われ、状況が変わって属性に疑問が生じれば枠の拡大を見合わせたり、縮小したりするなどを行います。極端に枠の縮小を行わずに済むように、予め余裕を持った形で与信を行うものですが、契約当初大盤振る舞いをして、その後すぐに縮小を行う、もしくは利用停止してしまうような銀行カードローンもあります。これがあまりに激しいと安心して使えないという感想が出ることも当たり前で、実際にそのようなクチコミが多いものもあります。利用しにくいものの一つになるでしょう。