銀行カードローンは将来にどう影響する?

銀行でも保証人などの必要がない融資プランに力を入れているそうですが、将来、住宅ローンなどの利用を考える場合に、審査に影響はあると言われることが多いようです。住宅の購入金額は数千万円になりますから、審査などが厳しいのは当然のことですが、影響を減らすにはどうしたらいいかをご紹介します。


銀行カードローンは早めに完済

まずは返済をちゃんと進めることが、銀行カードローンを使ったことで住宅ローンなどの大きなローンへの影響を減らすために最も確実で近道、最重要なことともいえるそうです。10万円程度が返済できない人に、何千万も貸そう!って思う人は、いないことに納得はいきますよね。繰り上げ返済なども記録に残るそうですから、住宅ローンなどを考える前でも、余裕ができたときには常に返済を最優先にすることで、後から大きく審査を左右しそうですね。


保証人の信用情報も調べるので注意を

住宅ローンで保証人などをたてる場合には、この保証人も信用情報を調べられますから、過去に事故などがないかどうかをチェックしておきたいものです。また何も利用をしていなくても、借りることのできる枠を活かしておくと、限度額分の債務はあると判断されやすいそうですから、銀行カードローンを利用して使わなくなったら、早めに解約するというのもいいそうですよ。

金曜日, 5月 16th, 2014 銀行カードローン