学生でも利用できる銀行カードローン

大学生の方などはお金が必要でも用意が難しい場合があります。例えばパソコンは今や勉強にも欠かせないものとなっていますが、急に買うお金は用意できません。お金を借りてアルバイトをしながら時間をかけて返済するにもなかなか審査は通りにくくなっています。低金利が魅力の銀行カードローンなどは特に安定した収入が無いと利用しにくくなっています。


<学生に向けた銀行カードローン>

そうした学生の方に向けた銀行カードローンも存在します。このサービスの特徴は、アルバイトでも収入があれば借り入れができることです。また、店頭に行く必要はなくインターネットを通じて簡単な手続きで契約することができ、スマートフォンがあれば十分契約できます。一般的には保険証のような本人確認ができるものがあれば可能です。金額や銀行によっては収入証明も必要です。


<デメリット>

収入が少ない人に向けたサービスになるので、一般の銀行カードローンに比べると借り入れできる金額の上限は低くなってしまいます。もちろん、ご両親などに無利子で借りられるのならそのほうが安くなるので、そちらが可能なら無理にカードローンを利用する必要はありません。また学生の方だと多くの方が初めての借り入れとなってしまうので、計画的な返済をするよう注意しなければなりません。

利用しにくい銀行カードローンは?

銀行カードローンは総量規制などの制限を受けないことから、総量規制によって借入が難しくなった人への積極的な貸し付けによって「受け皿」としての意味合いも強く担ってます。しかし銀行によって銀行カードローンの審査基準や利用規約なども違い、それによって利用しやすいものと利用しにくいものがあるのも事実です。「利用しにくい銀行カードローン」とは、どういったものなのでしょうか。


<利用しにくい銀行カードローン例>

「新しい形態の銀行」に分類されているものには、カードローンとしての歴史を持っていないものもあります。そのため急激に契約者を増やした時期に、審査が緩く、そレをカバーするために与信審査に力を入れているというものもあるのです。途上審査とは利用中に見直しを行うものですが、属性が良ければ枠の拡大などが行われ、状況が変わって属性に疑問が生じれば枠の拡大を見合わせたり、縮小したりするなどを行います。極端に枠の縮小を行わずに済むように、予め余裕を持った形で与信を行うものですが、契約当初大盤振る舞いをして、その後すぐに縮小を行う、もしくは利用停止してしまうような銀行カードローンもあります。これがあまりに激しいと安心して使えないという感想が出ることも当たり前で、実際にそのようなクチコミが多いものもあります。利用しにくいものの一つになるでしょう。

銀行カードローンっていくらから借りられますか?

困った時に銀行に駆け込んでいる人もいますが、一体いくらから借入できるようになっているのでしょうか?
銀行カードローンは、1万円から借入できるところもありますし中には5万円から借入できるようになっている場所も。
同じ銀行でも借入金額や金利が異なりますので、始めに色々比較をしてから利用先を決めるようにした方がいいですね。
また、利用限度額が10万円だからといって、全額借りる必要はないので無理に借入しないようにして下さい。


<銀行カードローンの審査に通りたい>

審査が厳しいと言われていますが、全く審査に通れないというわけではないので心配しなくても大丈夫です。
銀行カードローンの審査に通るためには、安定した収入や勤続年数が求められるのでどちらも基準に満たしていることが◎。
また、他社からの借入が少ない、またしていない人の方が望ましいと言われているのでそちらの確認も忘れずに。
一か所審査に落ちてしまったからといって、全ての銀行が同じというわけではないから、心配いりません。


<計画的に利用しよう>

規制の対象外であるからこそ、正しく利用しなければいけないのだと思います。
銀行カードローンを利用する時は、何に使うのか本当に必要なのかよく考えてみるのがいいかもしれません。
自分でどうにか出来る場合にはどうにかして、本当に困ってしまったら遠慮せず頼るようにしましょう!

自営業でも銀行カードローンを利用できる?

銀行カードローンや消費者金融では、安定した収入があれば融資を利用できる、融資をどのように利用するかは借りた人の自由ということが、最も大きな魅力といわれていますが、自営業の場合には審査になかなか通過しない、個人事業主向けのローンは少ないという声も多いそうです。


自営業向けの銀行カードローンも

銀行カードローンでも、個人事業主向けの費用が増加していると言われるそうです。新生銀行がサービスを提供するレイクや楽天銀行カードローンなどでも、個人事業主が利用できるローンの扱いがありますし、消費者金融でも事業主ローンを開始しているところは少しずつ増えていると評判があります。銀行などは安定性を重視するため、どうしても個人事業主は審査で落とされてしまうという声もありますが、少し実変化していると考えられる可能性もあるそうです。


事業主のためのローンを扱う会社も

銀行カードローンでは、事業主だけをターゲットにして、会社資金ではなくプライベートで使うお金としても利用できるカードローンの扱いがあるところもあります。借りたお金を自分の趣味や買い物に利用してもいいし、会社の運用資金にしてもいいということです。収入証明書の提出が必要ないプランなどもあるそうですから、気軽に事業主もキャッシングを使えるのはうれしいことですね。

銀行カードローンは将来にどう影響する?

銀行でも保証人などの必要がない融資プランに力を入れているそうですが、将来、住宅ローンなどの利用を考える場合に、審査に影響はあると言われることが多いようです。住宅の購入金額は数千万円になりますから、審査などが厳しいのは当然のことですが、影響を減らすにはどうしたらいいかをご紹介します。


銀行カードローンは早めに完済

まずは返済をちゃんと進めることが、銀行カードローンを使ったことで住宅ローンなどの大きなローンへの影響を減らすために最も確実で近道、最重要なことともいえるそうです。10万円程度が返済できない人に、何千万も貸そう!って思う人は、いないことに納得はいきますよね。繰り上げ返済なども記録に残るそうですから、住宅ローンなどを考える前でも、余裕ができたときには常に返済を最優先にすることで、後から大きく審査を左右しそうですね。


保証人の信用情報も調べるので注意を

住宅ローンで保証人などをたてる場合には、この保証人も信用情報を調べられますから、過去に事故などがないかどうかをチェックしておきたいものです。また何も利用をしていなくても、借りることのできる枠を活かしておくと、限度額分の債務はあると判断されやすいそうですから、銀行カードローンを利用して使わなくなったら、早めに解約するというのもいいそうですよ。

借りた金額でポイントがつく銀行カードローン

銀行カードローンのサービスの中で、人気の高いものがインターネットバンクが行うカードローンサービスなのだそうです。これはインターネット上に銀行を置くことから、人件費などがかからない等の理由で、利息が通常のローンよりも安くなっている確率が高いこと理由と言われています。


銀行カードローンのポイントプログラム

銀行カードローンでは、ポイントプログラム会員を募集しているところも多くあります。楽天銀行では、楽天ユーザー登録などがキャッシング利用時に義務となりますが、登録を行うことで、借り入れを行った金額によって楽天ポイントが戻ってくるそうです。楽天内でお金と同じ効果をもつポイントですから、お金を借りる上に、貯めれば買い物がお得になるという驚きの仕組みとなっているのです。


少額ローン以外にも注目が集まるネットバンク

インターネットバンクはまだ日本でなじみがあるわけではないそうですが、新生銀行ではコンビニエンスストアなどで利用できるATMの利用手数料を無料にするなど、インターネットバンクのお得さは注目を浴びていると言われています。イオン銀行では住宅ローン契約者も増加しているそうですし、ネットバンクは銀行カードローンだけでなく、今後、大きく発展すると考える人も増えているそうです。

銀行カードローンは専業主婦の味方?

消費者金融では借りる人本人に収入がないと利用できないというお話を耳にしたことがあるかと思います。専業主婦でもOKとうたうキャッシングのほとんどが銀行の行う銀行カードローンなのですが、これは法律の違いなどが影響しているそうです。


銀行カードローンなら審査も簡単

専業主婦が銀行カードローンの審査を受けるときも、特別な書類が増えるわけではありません。配偶者の年収などを記載する必要はありますが、本人確認書類だけで、収入証明書の提出が必要ない銀行も多いそうです。非常に厳密にいうと消費者金融でも、審査ができないというわけではなく、消費者金融などの場合は、審査の申し込みの時に配偶者の同意書や収入証明書の提出が必要なので、手間のかからない申し込みがメリットとして挙げられるキャッシングでは不向き、借りられないと言われるんです。


低い金額なら電話確認がない場合も

キャッシングなどでは、職場への在籍確認が必要になるものが多いのですが、金額によっては電話確認を行わないという銀行カードローンもあるそうです。配偶者に黙ったままお金を借りることはあまりいいこととは言えませんが、やむを得ない事情で利用する場合には、このような限度額の低いカードローンなどを利用する人もいると言われています。

銀行カードローンの審査に必要なもの

銀行カードローンの審査は多くの場合、インターネットから手続きをすべて終わらせることができるそうです。消費者金融と銀行カードローンの審査は非常によく似ていますし、必要になる書類などもほとんど同じだそうですから、過去に消費者金融を利用したことがある人は、同じものを準備するといいかもしれません。


銀行カードローンは本人確認書類を準備

初めてキャッシングの審査を利用するという人でも、銀行カードローンの審査は難しいものではなく、誰でも気軽に手続きの申し込みができるものです。まずは自分の身分を公的に証明できる本人確認書類を準備しましょう。銀行カードローンは本人確認書類だけで利用できる金額も高いケースが多いそうです。消費者金融では50万円を超える場合には、収入証明書の提出義務があるのですが、銀行カードローンには明確な金額などがないケースもあると言われています。


審査時間も短くなって便利に

今までスピードに重点を置いた融資のサービスは消費者金融がメインに行われてきたと考えられていますが、現在は銀行でも、審査を短時間で終了し、できるだけ早い融資を行う即日審査を開始しています。多くても一時間程度で結果が出る会社もあるそうですから、即日審査、スピード融資というプランを選んで審査の申し込みをすると短時間で済むでしょう。